はじめに

エステ・リラクゼーションサロンと異なるところ

ひと昔のエステティックサロンというイメージは、世界中からお肌に良いとされる施術を体験して学び、日本に輸入して最新の技術が受けられたものでした。
もちろん、今でもそのようにされているサロンもあると思いますが、残念ながらそのほとんどは変わってしまいました。もっと簡単に安直になった感が否めません。

人の身体をトリートメントする時、人はそれぞれ異なった特徴を持っているので、その特徴をどのような手法でどう分析できるかが非常に重要になります。
「心理学や解剖学を振りかざし、自身の理論をお客様に洗脳して信者を増やす」
ここまでは、たとえどんな権威ある施設でも大なり小なり変わりません。

問題はたとえ時間はかかっても…本当に変われている人がどの程度いるのか?
逆に言えば、どれだけお金と時間をかけても全く変わらない人がいるのか?
その変われなかった人の積まれたデーターをどう活用して、明日の技術に繋げていく…といった進化が行われているのか?
という事だと思うのです。

正直、エステ技術を習得したり機器を購入したりして開業したエステや・リラクゼーションサロンのほとんどは、経営のノウハウや技術ノウハウはあっても反省と進化に関して乏しいと考えざるを得ません。
経営者や最前線の方ではなく末端の技術者の問題かもしれませんが、この業界の方とお話をいくらしても学会論文クラスのエビデンスを独自で研究して保有しているサロンは未だありません。

一部エステティックサロンは「お顔がむくんでいるようなのでリンパドレナージュを…」みたいに勧めますが、立位で数時間も生活した成人の顔がむくむなんて事はほとんどあり得ません。
「何が原因で、どこがどうしてどうむくんでいるのか?」それを理解できないでヤミクモに勧めてくるエステティックサロンの場合、その方針にあったお客様以外は全て商業的に処理されているだけかもしれません。

「青あざ」を「老廃物ですからご心配なく」などと説明しているエステティックサロンには絶対に行かないでください。
あれは毛細血管を切ったことで起きる立派な損害事故です。

小顔矯正も行くべきではありません。
頭蓋骨の組み合わせを変化させれば若干小さくなりますが骨自身は小さくなりません。

よって幅が小さくなるという事は、高さまたは前後幅が大きくなっているということです。
頭蓋骨運動を考慮しない小顔矯正の場合、頭痛も引き起こしかねません。

コルギで見る「石膏の顔型」にはトリックがあるのをご存知ですか?
石膏は半年も経過すると大きくなるのです。だから絶対に過去の顔型は今の顔型と比較して大きいのです。

良いサロンを探すときは、技術や細かい方針は理解できなくても、せめてお客様のために一生懸命になって施術をしてくれているようなサロンを探してください。

~前のページへ~ TOPへ戻る ~次のページへ~

Ulysses NAVIログイン


上記QRコードを読み取っていただくと、スマホでUlyssesNAVIにログインができます。

PCからのログイン/ログインができない方はこちら