Part1 なぜ人は太るのか?

1-4 なぜお腹はペコペコになるの?

人はなぜ腹ペコになるのか?

胃がカラッポになるから!と答える方は間違いです。

人は食事をすると胃にため込んで消化酵素などをミックスして腸に移動させます。
1回の食事で胃に留まっている時間はおよそ1~3時間といわれております。

よって1日3食なら合計で最大9時間程度しか胃に食べ物は留まっておりません。
つまり、1日15時間以上は胃の中はほとんど空っぽなのです。

では何故限られたときに腹ペコになるのか?
それは、血糖値と密接な関係があると考えます。

筋肉は糖分を使って運動した後、脂肪を燃焼して運動できるといわれておりますが、脳はどうでしょうか?
脳は糖分でしか動けないのです。脳にエネルギーがいかないことは即、死を意味します。

よって、 血糖値が低くなるとお腹がすいて食欲が出ます。
そんな状況になると、脳は少しでもたくさん吸収するように、消化酵素を大量に放出し腸を活性化させて、少しでもたくさんのエネルギーを吸収しようと努力するのです。

そのために、お腹を空かさないようにチョコなどを1.5~2時間おきに適量食べるなど、血糖値のコントロールをしましょう。

~前のページへ~ TOPへ戻る ~次のページへ~

Ulysses NAVIログイン


上記QRコードを読み取っていただくと、スマホでUlyssesNAVIにログインができます。

PCからのログイン/ログインができない方はこちら