Part3 施術後のご注意

3-1 好転反応について

ごくまれに、施術して数日後に筋肉の違和感が現れることがあります。

これは、筋肉の一部が正常な活動をしはじめて、残りの一部が正常に動いていない(元に戻った)状態に見られる症状で、その強度・期間については個人差があります。

対処方法としては、お風呂などで患部をよく温め、その後氷の入ったビニール袋(保冷剤禁止・氷に塩等を入れない→-5℃以下は凍傷になります)で直接患部に約15~20分間当てて冷やします。

1~3日ほど続けていると、可逆効果により筋肉全体の動きが正常に改善すると言われています。

なお、この症状は当院のデーターで全体の0.1%の方が経験されていることを確認しております。

~前のページへ~ TOPへ戻る ~次のページへ~

  1. 2020.12.18

    【ハイフをぶった斬る!続編】医療系ハイフは太もも最強!≪…

  2. 2020.12.11

    究極のダイエット臓器【腎臓】について詳しく解説します!≪…

  3. 2020.12.04

    【冷え性の方必見】目指せ冷え性改善!冷え性の原因とその対…

  4. 2020.11.27

    実はみんな知らない!?ヒートテック常用の注意点≪美容健康…

  5. 2020.11.20

    簡単・お手軽ですぐできる!院長おすすめの冬の定番ダイエッ…