Part4 ご自分で出来ること

当院では、体質改善はお客様ご自身の努力と工夫とし、体を締めたりボディーラインを変えたりするのは当院で…と役割を明確にしています。
そのなかで、ご自分で出来る体質改善に関わるお願いを以下の通り書いております。
是非、次回来院されるまで実践していただき、より大きな効果を得られるようにご協力ください。

4-1 毎日水分を最大3リットル摂りましょう

一般的に身体を保持することができる水分量は2リットル程度といわれております。
この水分量よりも少ないと便秘・むくみが発生する可能性が飛躍的に高くなります。

当院では、溜まった老廃物を排出するために、通常よりも多めとされる一日3リットルを目安に水分補給していただくようお願いしております。

水分は、水・紅茶・お茶などOKですが、ジュースなどはカロリーオーバーにならないように注意してください。

なお、コーヒーおよびスープは水分摂取量にカウントしないでください。

さらに、水分摂取量の半分は食事中に摂取してください。

「一口食べて一口水分補給」というサイクルがベストです。

それは太りやすい体質の方にみられる「特に消化しやすい消化酵素」の分泌を、現段階では脳で抑制できないために意図的にそのサイクルで消化酵素を薄めていく必要があるからだと言われています。

また、水分摂取が不足していた体内では、添加物の含まれた食品の水分から取り込むシステムになっていると予想されることから、これ以上添加物の摂取をさせない意味でも、この方法での水分摂取はとても重要な方法であると言えます。

毎日のことなので、最初は段階的に始めてみてください。
約10日~14日程度で、尿は明らかに透明に近くなってきます。
変化がみられると頑張っている自分に励みになると思います。

詳しくはインプレス刊電子書籍「水飲み健康ダイエット」(Ulysses院長:林基弘著)を御覧ください。(500円くらいでご購読可能です)

~前のページへ~ TOPへ戻る ~次のページへ~

  1. 2020.07.20

    【芸能人やモデルは知っている vol.1】モデルさんのプ…

  2. 2020.07.17

    【エステに行っても痩せない・・・】それはあなたが痩せない…

  3. 2020.07.14

    【ふくらはぎダイエット】朝から夜で2cm以上むくむ人は要…

  4. 2020.07.10

    ダイエットしても痩せない方必見!痩せたきゃ腎臓を強くしろ…

  5. 2020.07.07

    【新卒・中途転職希望者必見】面接で合格するための基本とな…